本気でダイエットしたいなら、病院の美容外科やダイエット外来へ

吸引できる脂肪の量とは

病院の美容外科で用いられるダイエット施術の1つに、脂肪吸引があります。
脂肪吸引とは、細い管を体に刺して、体に含まれている脂肪細胞を吸引して除去するという方法です。この脂肪細胞は、私達の体が太るという現象の根源となっている存在です。
この脂肪細胞は、柔軟に膨らんだりしぼんだりする性質を持っています。この脂肪細胞が脂肪を吸収して蓄えることによって、私達の体は肥満してしますのです。
この働きは、脂肪細胞がもともと持っているものですから、脂肪を蓄えることを抑制するのは難しいでしょう。ですが、体に含まれている脂肪細胞の絶対数が減れば、吸収できる脂肪の量が減るので、脂肪が体に蓄積されにくくなります。
普通なら、脂肪細胞は減らしたいと思っても自力で減らせるものではありません。ですが、病院のドクターの手にかかれば、にっくき脂肪細胞を吸引して、体の外に排出することができるのです。よって、絶大なダイエット効果が望めるものといえます。

お腹周りや二の腕などには、指で摘むことが出来るほどのたぷっとした脂肪がついてしまうものです。
それらの脂肪を見ていると、細い管を刺すくらいでは、とても脂肪を吸引することなどできないような気がするかもしれません。
確かに、脂肪吸引できる量には限界があります。ですが、それは、体から一度に多量の脂肪が失われると健康に悪影響を与える可能性があるからという、安全面の理由です。
お腹周りを例に挙げると、一度の脂肪吸引で吸引できる脂肪の量は、3000~4000ccです。これは、1リットル牛乳パック3~4本分に上ります。それだけの量の脂肪がお腹からなくなれば、かなりのダイエット効果があることがわかるでしょう。
なお、3000~4000ccの脂肪は、重さにすると約2~3キロに上ります。そのため、脂肪吸引後に体重計に乗れば、3~4キロも痩せているということです。

吸引できる脂肪の量は、もともとの体重や体格、脂肪吸引する部位などによって異なります。ですが、その部位にとって余分な脂肪は、かなり大幅に除去できると思って良いでしょう。
実際に目で確かめてみたい人は、ぜひ美容外科のホームページでチェックしてみることをオススメします。脂肪吸引の症例写真を見ると、施術前と施術後で、体の脂肪が減ってほっそり綺麗にサイズダウンしていることがわかるでしょう。
お腹、太もも、二の腕、ふくらはぎ、おしりなど、様々な部位の症例写真を見ることができます。また、実際に美容外科で脂肪吸引を受けた人の体験談が見られることも多いでしょう。
同じ悩みを持った人が、体のコンプレックスを解消して心まで生まれ変わったという体験は、痩せたいというあなたの気持ちを後押ししてくれるはずです。