本気でダイエットしたいなら、病院の美容外科やダイエット外来へ

ボディジェット

医療技術が向上するにつれ、病院で受けられるダイエットのための施術も、どんどん上質化しています。
病院の美容外科で多く採用されている脂肪吸引にも、新しい技術が登場しているのです。その1つが、ボディジェットです。

脂肪吸引は、体に医療用の細い管を刺すことによって、体に含まれている脂肪細胞を吸い出すという施術です。
そのとき、脂肪細胞ができるだけ柔らかい液体状であるほど、チューっと吸引しやすくなります。ボディジェットは、そのように、脂肪細胞をより吸引しやすくするための技術です。
ボディジェットは、正確に言うと、「ウォータージェットアシスト脂肪吸引」です。体に管を刺して脂肪を吸引する前に、専用のマシンを使って、麻酔液と止血剤が入った液体を体内に流し入れます。
すると、水流の勢いが脂肪細胞同士を切り離し、吸い出ししやすい状態にしてくれるのです。
また、液体が脂肪の層と筋肉の層の間を流れることによって、水の通り道ができます。そのため、管を挿入した時に筋肉にダメージを与えるリスクを小さくする効果もあるのです。また、ボディジェットで流す液体には、前述のとおり麻酔薬が含まれています。脂肪吸引を行う部分全体に麻酔薬を行き渡らせることができるので、痛みや不快感のない快適な施術が可能となります。

ボディジェットには、通常の脂肪吸引よりダウンタイムが短くてすむというメリットもあります。
ダウンタイムとは、施術を受けた後に起こりうる痛み、腫れ、出血などが治まり、日常生活に戻れるようになるまでの期間を指します。大掛かりで体への負担が大きい施術ほどダウンタイムが長く、簡単で体への負担が小さい施術ほどダウンタイムは短いといえます。
ボディジェットで体内に流す液体には、麻酔剤と止血剤が含まれています。そのため、施術中の痛みや出血を最小限に抑えることができるのです。
また、脂肪細胞が吸引しやすくなることによって、吸引時に体に刺す管にかかる力も小さくてすみます。そのため、施術によって生じる皮膚へのダメージが軽減され、傷口も小さく抑えることができるのです。
このように、痛みや出血が少なく体にできる傷も小さいので、ダウンタイムが短縮できるということです。

痛みや内出血が生じる期間の長さは、脂肪吸引した部位や量によって異なります。
ですが、おしり、お腹、太ももなどを例にすると、一週間もすれば痛みは引いてくるでしょう。ちなみに、痛みと言っても、筋肉痛のような痛みなので、怯えるほどのものではありません。
患部の内出血は1~2週間程度で、腫れは2~3週間程度で収まることが多いようです。なお、抜歯後に患部を丁寧にマッサージしたり、ストレッチをしたりすることによって、腫れや違和感をより早く和らげることができます。